www.syncwavesystems.com

事故を見かけても助けに行ってはいけない中国

私は中国で生活しています。
街に出ると一日一度は必ず交通事故を見かけます。
そのほとんどが追突です。
つい先ほども私の眼と鼻の先で交通事故が起きました。
私は普段電動バイクで通勤しています。詳しい情報は交通事故 弁護士に載ってます。

 

(電動バイクは自転車扱いなのでヘルメットを被らなくても良いです。しかし非常に危険です。)
先ほど電動バイクで走行していたら、やはり電動バイクにのっているお爺さんが、後ろから私を抜かそうとしました。
しかし思ったほど速度が出なかったようで、私の真横を私と全く同じ速度で走っていました。
知り合いでもないのに仲良く並走したまま、ある交差点に差し掛かりました。
すると我々の前方を走っていた車がなぜか急ブレーキをかけました。
私はもともと歩道寄りを走っていたので、その車両の横をスルスルと抜けたのですが、
私の真横に居たお爺さんは見事に車に激突しました。こちらを交通事故 治療にアクセスしてください。

 

ドスンと大きな音が響き渡って、辺りに居た人たちが一斉に事故現場の方へ視線を向けます。
しかし、遠くから見ているだけで誰も助けに行こうとはしません。
中国では親切で助けに行くと、救急車代を請求されたり、事故の責任をなすりつけられたりするからです。
もちろん私も並走し激突した仲間”がどうなったか気にはなりましたが、そのまま走り去ってしまいました。